2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムジャグラーEX 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムジャグラーEX 編)です。

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムEX、ハッピーV2 編)」からの続編となります。

今週二日目の稼働日記です。

この日も、会社からもっとも近くの地域にあるA店で、いつものように全台(ジャグラーのみではなく、AT・ART機もすべて)を見て回りました。

続きを読む 2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムジャグラーEX 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムEX、ハッピーV2 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムジャグラーEX、ハッピージャグラーV2 編)です。

今週は、比較的仕事が忙しくなかったので、会社帰りにパチスロに行ったり、飲みに行ったりする機会が多かったです。
その分、このブログ更新は少々さぼり気味でしたが・・・(;^ω^)

今週は二日間スロットを打ったのですが、まずは一日目の稼働日記です。

続きを読む 2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのニューアイムEX、ハッピーV2 編)

パチスロでの効果的な立ち回り②(ホール選び)

パチスロでの効果的な立ち回り①(高設定狙い vs ハイエナ)」からの続編となります。

パチスロを打つ際に、最も重要であると思われるものの一つに、「ホール選び」があります。

このホール選びですが、「高設定狙い」か「ハイエナ」のどちらをメインとして立ち回るかで、その選び方が変わってきます。

続きを読む パチスロでの効果的な立ち回り②(ホール選び)

パチスロでの効果的な立ち回り①(高設定狙い vs ハイエナ)

パチスロを打つ際の効果的な立ち回りを、これから数回もしくは十数回に渡って(シリーズ化して)、少し掘り下げてみようかと思っています。よろしくお願いします。

まず基本的な立ち回り戦略としては、今現在では、「高設定狙い」か「ハイエナ」の二つに大別されると思っています。
(ゴトやコイン持ち込みなどの違法行為は論外なので、ここでは取り上げません。)

<補足>
ちなみに、3号機より昔は天井がなかったので、それを狙った「ハイエナ」戦法は存在せず、代わりに特殊な打ち方で機械割を大幅に上げる「攻略法」が存在しました。

続きを読む パチスロでの効果的な立ち回り①(高設定狙い vs ハイエナ)

4号機中期の大量獲得機全盛時代② ~BIG711枚時代へ~

4号機中期の大量獲得機全盛時代① ~正体不明の台で衝撃の出玉が~」からの続編となります。

時は、1999年12月。

世間を騒がせた「ノストラダムスの大予言」もものの見事にはずれ、2000年代への幕開けが間近にせまったある日、

我がホールに、あのB-MAXをも凌駕(りょうが)する、
斬新(ざんしん)なゲーム性と衝撃的な出玉をひっさげて、
ある名機が登場するのでした。

続きを読む 4号機中期の大量獲得機全盛時代② ~BIG711枚時代へ~

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(ジャグラー、沖ドキ、バジリスク絆 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(ジャグラー、沖ドキ、バジリスク絆 編)です。

ジャグラーに設定6が何台か入ると思われるA店で、朝一の抽選から参加してきました。

この店は、過去の傾向から設定6が入る可能性が高い台がある程度しぼれるのですが、

抽選番号は比較的早い番号だったので、(マイジャグラー3は取れませんでしたが)候補台の一つであるマイジャグラー2に座ることができました。

続きを読む 2017年4月某日のパチスロ稼働日記(ジャグラー、沖ドキ、バジリスク絆 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのジャグラー、ポセイドン、絆 編)

2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのジャグラー、ポセイドン、絆 編)です。

回胴ヒカルは、従業員1万人以上の大企業に勤めているのですが、毎日毎日、仕事で大変忙しい日々を過ごしております・・・。

ですが、この日は月に2度ほどある定時退社日で、かつ飲み会もなかったので、久々に会社帰りにスロットに行くことにしました!

続きを読む 2017年4月某日のパチスロ稼働日記(会社帰りのジャグラー、ポセイドン、絆 編)

4号機中期の大量獲得機全盛時代① ~正体不明の台で衝撃の出玉が~

4号機初期のノーマルタイプ全盛時代」からの続編となります。

時は、1998年12月。

すっかりパチンコにハマっていた回胴ヒカルは、トイレへ行くためにスロットコーナー横を通りかかった際、ある機種の島で衝撃の光景を目撃するのでした。

な、な、なんと、全10台中半分以上の台で、ドル箱を2~4箱ほど積んでいるではありませんか・・・。

続きを読む 4号機中期の大量獲得機全盛時代① ~正体不明の台で衝撃の出玉が~

4号機初期のノーマルタイプ全盛時代

3号機、裏モノ全盛時代 ~VS 貯金バージョン~」からの続編となります。

時は、1994年10月。

パチスロの裏モノが全国津々浦々(つつうらうら)まで蔓延(まんえん)し、各所で大連チャンの嵐が吹き荒れていた3号機時代にも幕が下り、

時代はいたって穏やかな、4号機初期のノーマルタイプ全盛時代(まあ、早い話が「ニューパルサー」全盛時代(^^♪)に突入するのでした。

続きを読む 4号機初期のノーマルタイプ全盛時代

3号機、裏モノ全盛時代 ~VS 貯金バージョン~

サファリラリー REG→BIG変換打法②(実践編)」からの続編となります。

2号機のギャンブル性を抑えるために集中役に対する規制などが強化され、時代は3号機へと突入していきます。

ただ、その規制によりどの機種もゲーム性に大きな違いがなくなって面白味に欠けたため、次第に基盤交換やRAM書き換えなどが大流行するようになり、全国的に裏モノパチスロが蔓延(まんえん)する異常事態になるのでした。

続きを読む 3号機、裏モノ全盛時代 ~VS 貯金バージョン~