バジリスク絆の効果的な立ち回り①(高設定狙い編)


バジリスク絆(エレコ。ユニバーサル系)は、パチスロ・バジリスクシリーズの3作目として、2014年1月からホールへの導入が開始されたAT機です。

初代と2作目のいいとこ取りした融合機で、導入から3年以上経過した今でも、絶大なる人気を博している大ヒット人気機種となります。

1.5号機から30年近く、数々の伝説に残る名機を打ち倒してきた回胴ヒカルにとって見ても、このバジリスク絆の完成度の高さには目を見張るものがあると思っております。

歴代ナンバー1と言っても過言ではありません。

・設定6(機械割119%)の安定感
・設定6や高設定確定演出の存在
・+2.8枚/Gの破壊力
・数々の設定推測要素の存在
・一撃必殺のフリーズ/真憧術チャンス
・無双一閃/祝言モード/80%ループ確定時の期待感/緊張感/優越感/絶望感(笑)
・チャンスリプレイ成立時の効果音/期待感
・選択テーブルと継続率で激変するゲーム性
・一瞬の間からの逆転復活劇
・期待をあおる数々の演出と絶妙な演出バランス
・高設定狙いもスルー天井狙いも可能な機種特性
・毎回BC天井でもやめられないゲーム性・・・(笑)
等々

いや~完璧です。

今後、この機種を超える台が果たして出てくるのだろうか?
と思えるほどの仕上がりです。
(それに比べて、後継機バジリスク3ときたら・・・)

考察

前置きが長くなってしまいましたが、ここから本題に入ります。

バジリスク絆は、ホールの人気機種かつ看板機種になっている場合が多いので、設定にも期待が持てます。
開店とほぼ同時に全台が埋まる店も多いし、実際に、設定6確定演出を見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。

ゆえに、バジリスク絆で高設定狙いをする場合は、朝一から打つことが基本となります店によって、開店前の抽選時から並ぶ必要があるかと思います。(特に、旧イベント日などの特定日)

BC(バジリスクチャンス)に当選した際は、「弦之介」で消化し、残りベル6回または残りベル3回でのBT(バジリスクタイム。AT)告知を目指すべきです。

ちなみに、残りベル6回でATが告知された場合は設定4以上
残りベル3回でATが告知された場合は設定6確定しますので、その場合は閉店までぶん回すべきですね。

また、設定1のAT当選率はBC約3回に1回設定6のAT当選率はBC約2回に1回なので、朝一からBCを3回連続で外した場合は、その時点で高設定(特に設定6)の可能性はだいぶ低くなってしまいます。

よって、その場合は、この時点で台移動や、やめることも立ち回りとしては間違っていないと思います。

この他にも、謎当り(レア役以外での当選)の多さ、BC当選時の絵柄の色(赤頭なのか青頭なのか。同色は高設定率が上がる)、BC当選時のLEDランプの色(赤は高設定率が上がる)など、

設定推測要素は他にも色々ありますので、知識と経験を積み重ねて、設定の高低を見極めながら立ち回ることが必要不可欠です。

最後に

以上をまとめると、バジリスク絆で高設定を掴むための効果的な立ち回り戦略は以下となります。

<バジリスク絆で高設定を掴むための効果的な立ち回り>

●朝一から「弦之介」でBCを消化し、残りベル3回か6回でのAT告知を目指すこと。
設定6はBC約2回に1回でAT当選となるため、BCを6スルー以上している台は避けること。
●謎当り、BC当選時の絵柄、LEDの色など、その他の設定推測要素も考慮して、トータルで判断すること。

高設定狙いと並ぶもう一つの効果的な立ち回りである「スルー天井狙い」については、続編となる「バジリスク絆の効果的な立ち回り②(スルー天井狙い編)」にて記載します。

 

回胴ヒカルがついに・・・

回胴ヒカルがついにやってしまいました・・・

まさかこんなことになるとは・・・

 

回胴ヒカルからの「重要」お知らせ

上の「iPad Air」を貰ったのですが、我が家では誰も見向きもせず、ずっと放置されたままなので・・・(;^ω^)

もし欲しい人がいたらプレゼントしたいと思っています。ですが、プレゼントするには送付先を教えてもらわないと送れないので・・・

回胴ヒカルおすすめの上記「無料メルマガ」に(無料)会員登録してくれた人の中から抽選で1名様にプレゼントしたいと思います。

今、仮想通貨に少額でも投資しておけば、将来それが大化けする可能性大だと回胴ヒカルは踏んでいますので、今現在、上記メルマガで絶賛勉強中です。絶対おすすめですよ。

※(無料)会員登録したら、無料メルマガが一日一通送られてきますが、内容が気に入らない場合は登録解除することも可能だし、まったく怪しくも何ともないですよ。

 

回胴ヒカルからのお知らせ

●スロットでは到底不可能な「億万長者」になる方法を「無料」で知りたい人には「こちら」がおすすめ。

●「無料」でスロットに勝てる情報を知りたい人には「こちら」か「こちら」がおすすめ。

●有料でも構わないが、常勝スロッター回胴ヒカルも愛用している、超有益情報を知りたい人には「こちら」か「こちら」がおすすめ。

ホームページへ戻る