初めて打ったパチスロ機


時は1988年4月。

某国立大学に入学した回胴ヒカルが初めて打ったパチスロ機は、
山佐から出ていた1.5号機の「パルサーXX∑(ダブルエックスシグマ)」という今から30年位前の機種となります。

今現在のパルサーにも永遠と受け継がれている大量リーチ目タイプのノーマル機で、 リールを止める時に「ガタ」「ガタ」「ガタ」という音がするのが印象的でした。

ボーナス成立後はチェリー付きのリーチ目が頻発するため、
コインを減らさずにボーナスを揃えることができました。

当時、私が通っていた地域は7枚交換でしたが、 BIGの1回交換で5千円強になっていたので、 370枚くらいの払い出しだったと思います。
ちなみに、5千円の景品は手のひらに乗るくらいの大きさの「塩」でした(笑)

なお、当時のパチスロ機にはクレジット機能など当然なく、 毎回3枚手入れしていましたし、リプレイや4.1秒ウエイトなどあるはずもありません。

また、今の若い人が見たら驚くと思いますが、 当時はデータカウンターすらなかったので、 頭上には店員を呼ぶランプがあるのみでした。

なので、その台の大当たり回数や回転数など一切何も分からない状態でみんな打っていました(笑)

のちに伝説となる1.5号機の名機登場

それから少し経った頃に、吸い込み方式の機種が登場し、のちの大ヒット機種になるのですが、回胴ヒカルも自然とこの新機種にのめり込んでいきました。

その機種の名は皆さんも一度は聞いたことがあるかも知れませんが、パル工業の名機である1.5号機「ニューペガサス」です。

5号機でも復活しましたね。こちらは人気は出ませんでしたが・・・。

差枚数による吸い込み方式のため、小役を取っても意味がなく
(ボーナス成立が遅くなるだけ)逆押しでわざと小役を取りこぼす打ち方が一般的でした。
島の全員が右からボタンを押している光景は、今見たらかなり違和感があるでしょうね(笑)

右→中と押して、ずれ目(子役が揃っていない状態)だったときに、 左リールにチェリーを目押しして止まった時の快感は、当時病みつきになりました。

また、かなり連チャン性がある機種で、 BIGでもREG(馬)でもいいのですが、 ボーナス終了後の100枚がかなり熱かった記憶があります。

ただ、今のAT機と比べると一撃の破壊力は見劣りするのですが、それでも十分に連チャンを楽しめる機種でした。

あと、今でも脳裏に焼き付いているのですが、 BIGボーナス時のBGMはショパンの「ノクターンの調べ」で、 とても美しいメロディーでした。

 

<引用元:YouTube(sweepyasu777 さん)>

 

回胴ヒカルは、「ニューペガサス」のあの美しいBIGメロディーを聞くと、某国立大学1年生だった18~19歳当時の、古き良き懐かしい記憶が今でも鮮明に蘇ってきます。

授業にはまったく出席せずに、朝から晩まで、パチスロばっかり打っていたなぁ・・・(笑)

昔ばなしは、次回の「昔のパチンコ屋」へ続きます。

 

回胴ヒカルがついに・・・

回胴ヒカルがついにやってしまいました・・・

まさかこんなことになるとは・・・

 

回胴ヒカルからの「重要」お知らせ

上の「iPad Air」を貰ったのですが、我が家では誰も見向きもせず、ずっと放置されたままなので・・・(;^ω^)

もし欲しい人がいたらプレゼントしたいと思っています。ですが、プレゼントするには送付先を教えてもらわないと送れないので・・・

回胴ヒカルおすすめの上記「無料メルマガ」に(無料)会員登録してくれた人の中から抽選で1名様にプレゼントしたいと思います。

今、仮想通貨に少額でも投資しておけば、将来それが大化けする可能性大だと回胴ヒカルは踏んでいますので、今現在、上記メルマガで絶賛勉強中です。絶対おすすめですよ。

※(無料)会員登録したら、無料メルマガが一日一通送られてきますが、内容が気に入らない場合は登録解除することも可能だし、まったく怪しくも何ともないですよ。

 

回胴ヒカルからのお知らせ

●スロットでは到底不可能な「億万長者」になる方法を「無料」で知りたい人には「こちら」がおすすめ。

●「無料」でスロットに勝てる情報を知りたい人には「こちら」か「こちら」がおすすめ。

●有料でも構わないが、常勝スロッター回胴ヒカルも愛用している、超有益情報を知りたい人には「こちら」か「こちら」がおすすめ。

ホームページへ戻る


★どちらでもいいので「ポチッ!」と押して頂けたら嬉しいです。m(__)m

人気ブログランキング  にほんブログ村

コメントは受け付けていません。